石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第三編

第四章 美術工藝

第六節 刀工

この頃に至りて注意すべきは、刀工の作風が單一化したることなりとす。即ち元和以前の鍛刀は各派その師傳を尊重し、これを系統的に判明するの極めて容易なること前述の如くなりといへども、寛永期に至るときは越中高平を初とし、諸工概ね世相に追隨し、衆俗の嗜好に迎合すると共に、比較的造法の利便なる關傳を採用し、その本來の傳統を放棄したる一樣の加賀物の完成に精進せしかば、漸く在來派と美濃派と接近して鑑別頗る困難となるに至れり。所謂加賀物の形式は、地鐵の組合せは關傳により、刄文は相州風の大五の目亂又は備前風の丁子亂の如き華麗なるものをいふ。而してこの兩派混同の最も顯著なる一例は之を家忠に於いて見るべく、家忠は元來古刀期の橋爪系家次の流末を承くるものなるに拘らず、時代の推移に伴うて兼若流に走りたるものならんか、殆ど兼若と區別するを得ざる家忠を屢見ることあり。但しこの間に在りて尚古傳を尊重せるもの絶無なるにあらず。清光と兼卷との如きは敢へて世態の傾向を顧慮することなく、各固有の傳法に執着したるが故に、その作品を系統的に區別すること比較的に容易なり。