石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第三編

第四章 美術工藝

第六節 刀工

かくの如き藩侯の保護により生活の方法安定し、且つ當時尚經濟の逼迫を見ざりし藩士輩の注文も多かりしが爲に、諸刀工は勇躍奮勵してその手腕を發揮し、遂に加賀新刀の全盛期を現出するに至れり。今寛永時代に於ける主なる刀工を擧げんに、在來派に在りては藤島系に屬する清光・友重・信友等、陀羅尼系に屬する家重家忠光國等、美濃派に在りては辻村一族に屬する越中高平景平有平又助兼若清平等、炭宮系の兼則兼春、敷村系の兼卷、その他系統不詳の移入刀工二十餘人ありて、一々枚擧するの遑あらざるなり。