石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第三編

第四章 美術工藝

第六節 刀工

既にして元和に入り、偃武太平の時代となりしかば、刄文の華麗を欲求するの傾向を生じたりしが、しかも戰後尚日を隔つること遠からずして、全く實用の適否を妄却し去れるにあらず、所謂華實兼備の作品を要望したりしなり。而して加賀刀工中この風潮を最も能く洞察せるを甚六兼若とし、彼は本來の關傳を變じて相州傳風の箱がゝれる大五の目亂を工夫し、以て世人の好尚に迎合したりき。彼が元和七年受領して越中高平と稱するに至れるも、亦その創案せる華美の刄文が激賞を得たりし結果たらずんばあらざるなり。是に至りて加賀新刀の完成を見る。