石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第三編

第四章 美術工藝

第六節 刀工

古刀期に於ける加賀の刀劍が、殆ど全く來系に屬したることは既にこれを第一編に述べたり。而してその末期に在りては鍛壇の形勢頗る落莫蕭條たるものありしが、慶長に入り藩侯前田利長が當國に居住せる藤島系の清光または陀羅尼系勝家家重等を起用すると共に、當時恰も美濃より移壇したる兼若・兼卷等を保護奬勵するに及び、俄然として活況を呈したりき。而もその製作せられたる刀劍は、未だ古刀期の作風を脱せずして實用に供するを第一の目的とし、且つ各工皆特殊の傳統を固執したるが故に、在來の工人と美濃派の工人との相違頗る明瞭にして、後代に於けるが如く、兩派の近似混同を來せるものと、大に趣を異にしたるを見る。