石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第三編

第四章 美術工藝

第二節 陶磁

加登屋政吉は、五代大樋勘兵衞の股肱にして、五柳軒と號し、安政の頃扶持を給せられて、の細工所に勤務せり。五柳軒の雅號は、藩侯前田齊泰の賜ふ所なりと傳ふる者あれども確證なし。二代政吉・三代伊助は明治の初年に當り、伊助は河村氏を冐したりしが、後家業振はずして廢せり。