石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第三編

第四章 美術工藝

第二節 陶磁

大樋燒の釉藥は唐土・白玉・日の岡を調合したるものにして、色彩を現すには紅殼・緑青等を混入す。この窯の創始時代に在りては、土質緻密にして釉色平滑なること飴の如く、赤黄色を帶びて光輝を發せしが故に、大樋の飴紬と稱せられて世の賞する所となれり。後に至りては黒樂なるあり。青味を含む飴釉あり。白釉にて仕上げ、萌黄色の淺く鮮かなる模樣を施せるあり。飴色にて仕上げ、渦彫の中に白釉にて象眼せる如きものすら生じたりき。又古大樋にして、青白赭紫黄の各釉を用ひ、菊・梅等を模樣風に現したるものなきにあらずといへども、之を俳畫風の簡朴なるものとせるは五代勘兵衞を以て初とし、系外諸工にも之に模するものあり。大樋燒の製品は、初め茶碗・水指等點茶に要する一切の雅品のみなりしといへども、後には火鉢・火入・庖厨用雜具・玩具等をも創製せり。