石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第三編

第四章 美術工藝

第二節 陶磁

大樋燒は初め河北郡春日山・法光寺及び宗室の秘示せる同郡山上村の粘土、越中の白土等を混用し、後には能美郡又は京都の土をも採り、その素地を作るには手捏物あり轆轤物ありて、箆目・削り目・布目を應用し、火力によりて燒占め、施釉せざるあり又施釉したるもありて、あらゆる技巧を發揮したりといへども、土性の軟弱なる恨は到底之を免るゝ能はざるなり。