石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第三編

第四章 美術工藝

第二節 陶磁

九谷本窯の原土は、初め之を江沼郡杉水に得たるも、産額多量ならざりしを以て、京都及び能美の良土を使用することゝしたりしに、白磁の質精緻堅硬にして少しく青味を含み、光耀の中に潤色を見、その良好なること尾張・肥前の産を凌駕せり。作品の形状皆整正にして氣韻を備ふるは、和全が最も轆轤を操るに巧妙なりしによる。彩釉に就いては、元來永樂系に南赤の秘訣ありしを以て、和全も亦之を用ひて金襴手を製出したりしが、その色彩濃厚なるも黒味と澁味となく、温穆にして光澤あるも透徹の風なきことを得て、恐らくは我が國の陶磁器に用ひられたる赤色中最も優等なるものなるべしと言はる。而して之に施せる金彩の深厚なるは、消粉箔を多量に使用せるものにして、雲鶴・唐草等を針書にて截り殘し金彩中に赤地を現出したる手腕に至りては、餘工に決して見る能はざる所なり。即ちかの八郎右衞門・庄三の金襴手の如きは、單に金彩を施したるのみにして針書にはあらざるに、獨和全によりて精巧優秀なる針書を得たるもの、實に彼の特徴として賞する價値ある所以なり。和全は又青華をも製したりしが、その作品には外面を金襴手にし内部を青華著畫としたるものあり。又内部の底に簡素なる鳥獸草花を青華にし、その上部に色釉を以て著畫せるものあり。色釉は黄・青緑・青・紫等にして、古九谷窯の丹礬も亦使用せられき。而して和全の山代に於いて作れるものには、於九谷永樂造又は大日本於九谷永樂造などゝ記せらる。或は河濱支流・永樂和全之とあるものありと傳ふれども、實際之を見ることあらず。又永樂於大聖寺造之とあるは、恐らくは僞物なるべしといはれ、その金襴手の精巧なるものには無銘のもの多し。要するに和全の加賀に在りて作りし所は、清雅と眞摯とを以て要訣とし、山水人物等の複雜なる描畫を避けたるなり。傳へて曰く、和全の聘せられて將に大聖寺に來らんとするや、京師の知友警めて曰く、加賀陶磁に山水人物を描くものは、古九谷以來既に研究せられて餘蘊あることなし。卿それ別に啓發誘掖するに勉めよと。和全その説に服したりしを以て此くの如き方針を執りしなりと。