石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第三編

第四章 美術工藝

第二節 陶磁

吉田屋窯宮本屋窯となるに及び、製品も亦一變し、吉田屋時代の石燒を廢して、專ら白磁を作りしが、その磁性温藉、白色明瑩些か青味を帶び、大に誇るに足るべきものありき。而して此等の原料は九谷及び榮谷より採りたりといへども、惜しむらくはその量豐富ならざりしを以て製産額多きを得ず、遂に飛騨磁を輸入して著畫するに至れりといふ。宮本屋窯に在りては、彩釉も亦吉田屋窯の青色系を捨て、赤色金彩の細描を主とせり。これ當時世人の赤繪を要求すること多かりしによる。宮本屋窯はその陶工の屋號によりて飯田屋窯といふことあり。