石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第三編

第四章 美術工藝

第二節 陶磁

江沼郡に在りては元祿初年古九谷窯の廢滅せしより製陶のこと全く斷絶せしにあらざるも、微々として不振の状に在りしが、文政中に至り吉田屋窯の起るものあり。天保宮本屋窯となり、慶應中に永樂窯の開設となる。而してこは實に九谷燒の本宗にして、金澤若しくは能美郡に於ける同種の製品を普く九谷燒と稱するは、明治以後の稱呼たるに過ぎず。