石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第三編

第四章 美術工藝

第二節 陶磁

能美郡には又小野窯あり。初め小野村の豪農に藪六右衞門ありて、陶法を本多貞吉に學び、文政二年初めて居村に窯を築けり。天保元年六右衞門磁石を鍋谷村に發見す。これ即ち現時九谷燒の原料として普く使用せらるゝ所のものなり。かくて小野窯天保三年の頃より良質の磁器を製し得たりしかば、五年郡奉行は之に保護を與へて規模を大ならしめ、窯方に打越村與兵衞、素地に粟生村忠助・八幡村儀兵衞、陶畫に佐野村齋田屋伊三郎小松町粟生屋源右衞門松屋菊三郎・柄屋甚三郎・寺井村庄三等を聘し、白磁青華並びに赤繪附等を製せり。その原料は、前記鍋谷の外五國寺・佐野の磁石を用ふ。同十二年一針村善太夫は、命によりて小野窯を讓り受け之が經營に當りしも、十餘年にして業を廢せり。六右衞門乃ち復奮起し、養子吉右衞門をして製陶せしめ、吉右衞門の子六右衞門之を襲ぎ、而して初代六右衞門は明治五年八十三歳を以て歿せり。明治の初年以降小野村附近に陶窯の連りに勃興せしもの、實に六右衞門の業に倣ひたるに因り、一時能美郡陶磁界の中堅として産額最も多きに上れり。然れどもその經營は單に營利を目的としたるを以て、特殊の風格を備ふることなく、通常若杉燒に混同せらる。