石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第三編

第四章 美術工藝

第二節 陶磁

民山燒の磁土は、能美郡より適當なるものを移入せるが如く、白磁は堅硬にして、少しく鼠色を帶び、又は茶褐色を含む。而して磁質一體に乾涸なるも、若杉燒の如く脆弱にはあらず。又その石物にありては、古九谷燒に比肩すべき精良なるものあるを見る。之を要するに、能美郡産の原料を能く拈化燒成したるが爲に却りて若杉燒を凌駕したるものとし、作品の種類には碟・鉢・向附等中型以下のもの多し。
民山燒の著畫は、主として赤色を用ふ。即ち勇次郎赤繪の如き澁き彩釉に金彩を施したる細畫のもの多く、又木米の金襴赤繪の雜釉を省きたる如き趣致のものありて、加賀製陶界に於ける錦襴赤繪の濫觴を爲すものなり。かくの如くその作品多く赤繪に金彩を施したるものなるも、亦之に緑釉等を加へたるものもなきにあらず。例へば淡き淺黄釉を以て唐草の一部を綾どり、中濃の緑釉を以て草木の葉を描きたる類にして、清楚にして幽雅の趣あり。又白磁に施したる簡素なる模樣にして、恰も彫刻に於けるが如く配置したるものあるは、秀平が得意の技術をこゝに應用したるに外ならざるなり。之を要するに民山燒は、赤繪を本位として古九谷燒の赤色主義を失はず、而して次に來らんとする宮本屋窯の八郎手の純赤金彩の先驅を爲すものとし、その赤色は臙脂紅に似たるを特色とす。されば八郎の長所は之を民山に見ること能はざるも、閑素にして雅馴なる點にありては却りて八郎風に勝るとせられ、特に秀逸の作品に在りては、鑑識家往々誤りて古九谷燒と爲すことありといふ。現存の上乘なるものには、東京帝室博物所藏の徳利あり。緻密なる花鳥を畫きて、少しく青九谷の風を存す。又敦賀なる大和田氏の藏に桔梗形徑五寸の皿あり。磁質薄鼠色の石物にして、若杉燒の上品の如く、見込に籬牡丹を描き、外面に唐草模樣を附し、横列に民山と銘す。又秀平の曾孫武田外希雄藏に香合あり。縁を唐草とし、地を毘沙門龜甲に埋めて、金彩の牡丹を描けり。この窯の作品には、民山の銘を書すといへども、そは必ずしも秀平自身の製作なるを意味するものにあらず、吉平・徳次等の描きたるものを多しとなす。