石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第三編

第四章 美術工藝

第一節 繪畫

山口梅園、名は定右衞門・右内、後に嶙と改む。世々大聖寺藩に仕へ、祿七十石を食む。梅園畫を好みて小原文英を師とし、又京師に往きて浦上春琴の門に入り、專ら着色を愛す。その死は明治十二三年の頃に在り。