石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第三編

第四章 美術工藝

第一節 繪畫

觀了能登の僧なり。寶暦三年四月羽咋郡赤住村一向宗東派なる恩敬寺に生まれ、天保九年三月二十九日八十六歳を以て歿す。幼名は左。長ずるに及び佛典を伊勢の西弘寺惠琳に學び、遂に洛陽の學寮に入り、傍ら池野大雅に就きて畫を習ふ。曾て加賀藩の老臣前田直方の需により、筆蹟を藩侯に献じ、又文政十一年に上りし時、山水の畫十二葉を本願寺法主に贈りて賜與せらるゝ所多かりき。是より先安永五年師大雅の歿するや、その妻玉蘭觀了に囑し經を誦して冥福を祷らしめ、遺品硯一面・墨一挺・畫蹟三十枚を贈れり。觀了の描く所、その佳品に在りては頗る大雅に髣髴す。是を以て世に觀了の作を以て大雅とせるもの多しといふ。觀了亦師に倣ひて池野氏を冐し、池之蘭山・恩敬主人・面霞亭・弧竹園・東明・逍遙等の別號あり。