石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第三編

第三章 學事宗教

第十節 佛教

哲僧、諱は教忍、法名は慶忍、護法院と稱し、閲藏觀主と號す。倉谷氏。河北郡二日市一向宗東派誓入寺第十三世に住す。文政中加賀法論の際父北山と共にお頼み方に屬して本山の取調を受けしが、改悔して宥され、天保十三年寮司となり、明治二年擬講に進む。五年十月再び異解の嫌疑により在職のまゝ聞調べられて改悔證文を上り、六年員外に轉じ、後二等學師に補せらる。哲僧自坊に於いて所化を提撕し、門下多く逸材を出せり。十六年七月二十日寂、享年八十二。