石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第三編

第三章 學事宗教

第十節 佛教

默惠、諱は讓、富樫氏、巖谷と號し、瑞應院と稱す。江沼郡山中一向宗東派燈明寺第十五世の僧。文化三年五月を以て生まれ、天保十年寺務を襲ぎ、十四年寮司となり、安政三年擬講に進み、慶應元年嗣講に補せらる。默惠俊邁にして四方に教化を懈らず。明治十年七月十二日七十二歳を以て寂す。