石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第三編

第三章 學事宗教

第十節 佛教

大宣、一名湛映。羽咋郡子浦村一向宗東派專勝寺の住侶なり。享和中寮司に任じ、嘉永二年十二月擬講に進む。蓋しその師嗣講香雲院澄玄の吹擧による。同郡長光寺の頓成等乃ち之に反對し、その秘事を發く。是を以て大宣は翌三年京都に於いて寺社奉行の糺問を受け、八月江戸に護送せられ、四年七月六日本山の掛所に遣はし蟄居せしむべき命を得、同時に擬講を除かる。文久三年五月復役、即日寂す。