石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第三編

第三章 學事宗教

第十節 佛教

法賢、諱は賢護、乘相院と稱す。明和七年越中新川郡濱黒崎一向宗東派寶藏寺慈賢の二子として生まれ、後に石川郡金石妙覺寺の住職となる。法賢高倉學寮に入りて香月院・香樹院兩講師に師事し、文政中加賀法論の際にはお助け方の一人たり。天保十三年擬講に任じ、嘉永二年十月十三日寂す。享壽八十。同月本山は之に嗣講を授く。