石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第三編

第三章 學事宗教

第十節 佛教

了暀、香流庵と號す。初め河北郡森下一向宗東派光圓寺に養はれしも、奈良に遊びて唯識を受くること多年、寺務を顧みざるを以て追はれ、後金澤六斗林林幽寺の住侶となり、又奈良に至りて倶舍を學び、尋いで高倉學寮に入つて香月院深勵に師事し、文化十三年十一月擬講に補せらる。文政中加賀法論のことの起るや、了暀上洛して講師五乘院寶景に内訴せしことあり。同九年十一月五日七十一歳を以て寂す。