石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第三編

第三章 學事宗教

第十節 佛教

恕陽、字は廣山、上野の人なり。丹後永澤寺、越前龍泉寺に歴住し、總持寺出世す。慶長六年加賀寶圓寺を領し、十年之を門下量山繁應に讓り、自ら利長に從うて越中富山に庵居し、十八年利長高岡の郊外に利家及び織田信長・信忠の爲に廟を營み、之を法圓寺と號するに及び、恕陽之が開山となり、十九年利長の薨ぜし時その導師を勤め、元和九年正月十五日寂す。