石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第三編

第三章 學事宗教

第十節 佛教

次に曹洞宗に於いては、能登に諸嶽山總持寺あり。越本山永平寺と並びて能本山と稱せられ、洞門の末院十中の八九を擁して勢力の強大を恃める外、護國山寶圓寺・金龍山天徳院の頭寺として寺領を有し、各一方に雄視するあり。而して羽咋郡の古刹永光寺は、金澤の淨住寺・石川郡大乘寺と共に、皆草創の由來頗る赫々たるものあるに拘らず、寶圓寺前田利家の歸依したる大透圭徐の開山たると、天徳院が三世利常夫人の菩提所たるの理由により、皆その配下に屈服せざるを得ざりき。然りといへども流石に永光寺は瑩山紹瑾の遺跡たるを以て、畠山氏の菩提所たりし鹿島郡の靈泉寺、利家の塋域を守護する石川郡の桃雲寺、圭徐の創立したる鳳至郡の蓮江寺等と共に、名藍として幾分の寺領を有せり。凡そ曹洞宗に屬する寺院の數、總持寺の山内に在るもの二十七ヶ寺、寶圓・天徳二寺の配下に屬するもの百十八ヶ寺を算し、別に法燈派と稱する越中國泰寺を本山と仰ぐもの内に九ヶ寺を存せり。