石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第三編

第三章 學事宗教

第八節 科學

叙上の外、大聖寺藩より出でたるものには竹内玄同あり。玄同諱は正幹、西坡と號し、その長崎に遊びしは黒川良安よりも早く、所謂ジーボルト初期の塾外生十七人中の一なり。安政五年五月玄同江戸のお玉ヶ池に種痘所を開き、七月幕府に聘せられて奧醫師となり、法印に叙し渭川院と稱す。翌六年ジーボルト再び我が國に來り、文久元年七月江戸に上る。玄同等命を奉じて之を赤羽の異國人族に迎接せり。十月幕府種痘所を收めてその直轄とし、西洋醫學所と名づけ、玄同亦教授中に列せしが、二年進められて伊東玄朴と共に取締に任ぜらる。明治十三年十一月十二日七十六歳を以て歿す。