石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第三編

第三章 學事宗教

第八節 科學


 當時隨庵杯は、學は相應之躰に候得共、生質不才に而醫術療治其働き薄く、其上中華而已之醫業にて、五行之道理に而實理之論無之事に候。當時江戸表にても追々蘭之醫術開け、窮理實理之論にて、人體内影[景]之委敷義は中々難筆紙事に候。夫故療治方甚深切之手段も有之、多血之憂有之義杯は、中華流の醫は一圓辨へ不申事に候。當時は篁齋・元哲等は江戸表にて毎度種々致僉議、蘭の醫術も過半致會得罷在候。此兩人杯え僉議有之、全き療治に被取懸候はゞ畢竟之所必可宜与存候。
〔前田直行男所藏文書〕