石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第三編

第三章 學事宗教

第八節 科學

柴野美啓、通稱優次郎、方中と號す。梅澤氏より出で、文政八年老臣長氏の臣柴野吉左衞門に養はれ、次いでその家を襲ぎ、食俸七人扶持を受く。美啓資性剛毅にして細故に拘泥せず。その師承を詳かにせずといへども算學に通じ、門下吉田勇五郎兼三・加藤作左衞門貿直等の算額は連幣算法に載せらる。美啓又金澤傍近の古蹟を調査して龜之尾之記の著あり。