石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第三編

第三章 學事宗教

第八節 科學

坪川常通、通稱與右衞門、榮郷と號し所居を得夫齋と名づく。大聖寺藩の歩士にして算用場に勤務し、算法をその師山口知貞に受く。明治維新の後名を文八と稱し、尚和算を教授せり。