石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第三編

第三章 學事宗教

第八節 科學

伊藤克孝、通稱傳右衞門、大聖寺藩の歩士なり。天明江戸に出でゝ神谷定令及び同門越中の中田高寛に關流の算法を學び、皆傳を受け、歸藩の後專ら算用場に勤務し之を子弟に授く。寛政十二年功によりて金十兩を賜はり、享和二年亦加俸を得て十五俵を受け、文化六年正月五十二歳を以て歿す。克孝の門人等寛政十一年算題十二章の額を山中温泉藥師堂に奉納す。今存せず。