石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第三編

第三章 學事宗教

第八節 科學

加賀藩算學に在りては、有澤致貞享保八年籌算式を著し、同十年算法指要を出せるなど最も早く注意すべし。葢し籌算式は明時代に存したるものにして、竹策を籌とし、乘除の句法を用ひず器械的に加減を以て之を遂行するの術とし、算法指要は之が説明書なり。然りといへども算學の大に精緻となれるは、關流及び三池流内に傳はりたる後に在り。

算法奉額 石川郡松任町若宮八幡神社藏

 
 

算盤 七尾市丹後關太郎氏藏