石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第三編

第三章 學事宗教

第八節 科學

宮井安泰は通稱を柳之助といひ南畝と號し、定番足輕より出でゝ新番に上る。最も三池流の算法に精しく、亦傍ら本保以守に學びて測遠の學に通じ、天明六年規矩元法別集を著す。文化十二年八月二十二日歿す。