石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第三編

第三章 學事宗教

第七節 書道

長井葵園、一號は陶齋、又董齋とも董居ともいへり。諱は在寛、字は寛卿、一字は子毅、通稱平吉。葵園儒學に長するの傍、書を好みて董其昌の風を能くせり。是を以て前田齊泰、命じて漫に需に應じて毫を揮ふことなからしめき。安政七年二月歿す。