石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第三編

第三章 學事宗教

第六節 俳諧

是等外來詞宗の中、我が俳界拓殖の功の最も偉大なるものは、先づ指を支考乙由とに屈すべく、芭蕉の薫陶によりて養成せられたる元祿俳人の凋落したりし後、北陸の斯界に煌々の光輝を發揮したる暮柳舍希因も、素園千代尼も、樗庵麥水も、皆初は教を支考に受け、後に乙由に轉じたるなり。美濃・伊勢兩派の俳風が一時盛に行はれたりしもの、實に之に因る。