石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第三編

第三章 學事宗教

第五節 國學(下)

青木秀枝、通稱新三郎、世々料理人なり。秀枝江戸に出で橘冬照に就き、皇學を修め國歌を學び、又田中躬之に從ひて國史・律令及び萬葉集を研鑚し、安政四年明倫堂國學内用に加へられしが、後元治元年の變に罪を獲て斬に處せられき。年三十二。
山 時 鳥
 矢田の野を夕こえ來ればあらち山峰の木蔭になくほとゝぎす

覊中落葉
 旅衣なれしたもとにちる木の葉はゝそときくも戀しかりけり