石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第三編

第三章 學事宗教

第五節 國學(下)

堀越左源次、阿北齋雀翁と號し、世々の左官職を勤む。左源次怜悧にして奇智に富み、最も狂歌を好む。奇句名吟口を衝いて出で、毫も推敲するを要せず。大島桃年曾て下野國分寺の古瓦を得、左源次に囑して硯を作らしむ。左源次製し終り、一首を添へて之を桃年に贈る。

 堀越のたまの硯はあめがした二番とさげんじまんなされよ

桃年の友人之を羨み、左源次をして別に同一物を作らしめんとす。左源次直に之を辭し、

 頼まれて偖もうき目に大島のつれさへほんにいやのなにがし

の一首を示せりといふ。文化七年八月十六日歿す、年六十四。