石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第三編

第三章 學事宗教

第五節 國學(下)

多賀秀種、初め豐臣秀吉に仕へ、元和元年來りて前田利常の臣となる。秀種博覽強記にして和漢の書に通ず。關ヶ原の役に西軍に與し、罪を獲て越後に謫せられ、越後在府日記三册を著す。その書得るに從ひて記し、凡そ一百三十八章、語釋と教訓歌とに及ぶもの多し。元和三年歿す。