石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第三編

第三章 學事宗教

第四節 國學(上)

されば士人に在りても、利常の時に當りて今枝直重・安見元勝澤橋兵太夫等あり。綱紀の時には庄田正守竹田忠種多賀直秀原元寅山本基庸大野木克明葛卷昌興成田明遠等あり。吉徳の時以後竹田昌忠原元慶等あり。前田直躬も亦政務の餘暇を以て花鳥風月に悠遊せり。然れども是等錚佼を以て稱せらるゝ歌人も、亦天下の趨勢を脱すること能はず。概して古今集の格調を標識とし、師傳の外また一歩を出でんと期するものあらず。唯本居宣長の出づるに及び、その學風遠く北陲に達したりといへども、之が末流を汲むもの、多くは新體を喜び奇巧を衒ふのみにして、吟誦に足るの作歌あるものなかりき。