石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第三編

第三章 學事宗教

第四節 國學(上)

加賀藩の初期に在りては未だ國學の研究に關する運動を見ず。そのこれあるは前田利常に仕へし人にして、能く源氏物語を解せりといはるゝ澤橋兵太夫を以て、先鞭を著けたるものとすべし。前田綱紀の時に及び、小松梅林院の儈能順ありて國學を善くす。藩臣今枝近義就きて學ばんと欲したるも、能順の居る所金澤より一日程を隔て、劇職に在る身の到底素志を達すること能はざりしかば、中途松任に至りて相會せんことを約し、退廳の後近義は金澤より、能順小松より至り、數年を經て源氏物語の講説を終れり。時人相傳へて美談とす。後年綱紀も亦源語を讀み、寶永三年菅眞靜京師より聘してその要旨を聽けり。眞靜は和歌を中院通茂に受け、最も國學に通ぜり。