石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第三編

第三章 學事宗教

第三節 漢學(下)

篠塚不著、珠洲郡小木村法融寺の僧なり。小樹又は葛庵と號し、宗乘の外好みて儒書を讀み、詩文書畫に堪能なり。著す所尾灣雜詩・閑居三十律・觀日對潮樓集等あり、其の稿本は皆同寺に藏す。不著天保十四年に生まれ、明治三十七年に寂す。
湧   浦
 水抱山圍風景眞。林巒曲々趁看新。温湯此地期病。却作烟霞痼疾人
 靈泉沸自地中生。遠近人知湧浦名。關左休漫誇熱海。北溟有此似蓬瀛