石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第三編

第三章 學事宗教

第三節 漢學(下)

内藤誠、前名を誠左衞門といふ。號は誠齋。初め東遊して佐藤一齋に學び、陽明學を能くし、歸藩の後明倫堂督學となる。慶應三年卯辰山開拓の事を督し、一時開拓山人又は夢香と號す。廢の後官に就かず、家に在りて徒に授く。人之を稱して小立野の聖人といへり。明治十六年福井に赴き教鞭を執り、二十六年五月其の地に歿す、享年七十。
卯辰山開拓録序
 昔嘗讀桃源記云。得一山行數十歩。豁然開朗。屋舍儼然。有良田美池。鷄犬相聞。與外人間隔。別爲一區域。如卯辰山乃類之乎。且夫神祠之宏廠。養生院之雄壯。浴盪湯則四體暢適。上酒樓則甘美無備矣。俯瞰金城。則街陌整正如棋格。犀麻二川則類蛇伏草間。或仰名山於天末。或望風帆於遠洋。月之夕花之晨。詠歌於斯。醉舞於斯。貴賤老少各極歡樂而去。可一名區哉。畫而傳之者。亦昇平之一樂事也。然而山下猶更有一仙境。百千佳麗。粉澤靚妝。連袂携手。以望遊人之一顧。若夫流連過半月則還室。當逢七世之孫。是此卷之所載也。明治己巳仲春月餐霞山人戲題。