石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第三編

第三章 學事宗教

第三節 漢學(下)

前田齊廣の世は享和より文政に亙る。齊廣學を好み、才を愛す。文化五年大田元貞の吉田侯に仕ふるを懇請して之を聘し、六年天文學者本多利明、七年蘭醫藤井方亭祿す。加賀藩に西洋學の起れるはこれを始とす。此の時長井平吉・渡邊栗林瑜等を擢でゝ明倫堂學士と爲し、其の他富田景周林翼三宅邦木下推の如き前代の遺老尚存し、大島維直金子有斐龜田景任津田鳳卿等篤學の士は活躍の最盛期に在りき。文政四年齊廣市川米庵を祿して、その子齊泰の入木道の師たらしむ。米庵は寛齋の男にして、大窪詩佛等と共に大に宋詩の鼓吹に淬礪せり。當時又來寓の學士には海保鶴・浦上紀弜・梅辻希聲・齋藤弘美・安井敬英等あり。然りといへども齊廣治世は學術の一般に普及したるに反し、宏材碩學の士に至りては漸く減じ、綱紀當時の如き異能ある學者は復望むべからざるに至れり。