石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第三編

第三章 學事宗教

第三節 漢學(下)

賀古清廉、字は伯操、通稱群吾郎、鏡湖と號す。伊藤嘏の門人なり。性愿朴にして飾らず。その學考亭の宗派を固守し、詩も亦終身廢せず。然れどもその作る所蕞品にして、甚だ佳ならず。
教賦上池上龜
 泥中曳尾石腸兒。偶網漁翁移玉池。幸得性靈水上。遐齡萬歳樂無涯。