石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第三編

第三章 學事宗教

第三節 漢學(下)

井上盛亮、字は文甫、九嶷又は鳳梧と號す。乾祐直の門に遊ぶこと十餘年。盛亮横山隆達の乾乾樓の詩會に臨むときは、老儒先生といへども時に舍を避くることあり。尤も律體に長ぜしが、年三十にして歿す。
蜀   將
 鼎峙英名從是存。大星難奈落轅門。空憂社稷中興計。不負草廬三顧恩。兵略由來凌管樂。忠誠舊自蓋乾坤。于今墜出師表。秋色堪哀五丈原。