石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第三編

第三章 學事宗教

第三節 漢學(下)

乾祐直、字は子健、其の居を山水堂といふ。別に莊岳と號す。幼より頭角嶄然たり。初め山下散人土橋辰眞に學びて詩を能くす。韓客南中容その詩集に題して曰く、『其古体頗得魏晋法。其律絶清婉。五律七絶尤佳。余東來所詩人。殆纍纍數。如是人。竟未之。』と。祐直後に横山隆達の文學となる。著す所在岳楚語二卷・莊岳集あり。
秋 胡 婦
 高梧捿彩鳳。老松巣白鶴。纔遇擧樂日。乃使影響錯。結髮別古郷。帶綬出郊郭。鳧藻欲金。峻節霜不若。慣採野中桑。報喜空外鵲。値新良人歸。投河亦不惡。

竹 枝 詞
 郷關萬里暮雲齊。雙鬢新摧白帝西。不識扁何處消。烟波江上子規啼。