石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第三編

第三章 學事宗教

第三節 漢學(下)

前田綱紀に次ぎて藩侯たりしを吉徳となす。吉徳寛厚にして能く士を禮し、傍ら繪畫を嗜めり。葢し父綱紀が碩學老儒を招聘し、學術を奬勵したりし餘慶により、此の持經學詩賦盛に行はれ、室鳩巣は既にを去り、伊藤祐之も亦遂に歿したりといへども、二氏の門流より出でたる者皆斯界に重きを爲せり。