石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第三編

第三章 學事宗教

第三節 漢學(下)

金屋懋續は通稱を彦四郎といひ、金城市人中騷客の先鞭を著けたるものなり。貞享三年大夫奧村庸禮社友數四を伴ひて、族姪奧村英定の池舘に飮む。時正に中秋、全天黯として墨雲あり、所謂無月なるものに屬す。座客各翰を飛ばし墨を溌し、豪興を催すの時、懋續特に召されて席末に在り。乃ち一絶句を賦す。

 一年光景卜今夜。多少登樓空失望。娥態不知誤佳會。漫爲雲雨吟腸

五十川剛伯座に在り、之を評して曰く、恰好と。