石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第三編

第三章 學事宗教

第三節 漢學(下)

山根直廉、字は敬心、通稱を勘左衞門といふ。初め羽黒成實に學び、後鳩巣の門に入りて七才の一となる。直廉經學に深邃にして徳行高く、鳩巣之に敬服せり。然れども詩賦はその好む所にあらず。