石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第三編

第三章 學事宗教

第三節 漢學(下)

小谷繼成、通稱は伊兵衞、字は勉善。亦篤學の君子なり。後名を成之と改め、廉泉と號し、亭を竹醉といふ。繼成室門七才の一に數へられ、最も詩を能くし、文は義人録後語の中に入る。勉善紀聞三卷あり、邦文を以て記し、世を益すること多し。享保五年八月二十日歿す、年六十四。
暮春遊
 半醉半醒堪襟。杖藜引興好追尋。茆茨烟簇村園遠。薜荔徑斜山寺深。花落松間春寂寂。鳥啼暮陰陰。風光三月須臾事。祇見長流無古今