石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第三編

第三章 學事宗教

第三節 漢學(下)

村井親長、通稱出雲、信齋と號す。身國相に在りといへども、貴權を挾むことなくして能く儒生に下り、羽黒成實に從游して講經を本領とす。詩賦の如きは彫蟲の末技と爲し、敢へて之を作るを屑しとせず。故にその遺什今に傳はるものなし。