石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第三編

第三章 學事宗教

第三節 漢學(下)

松永永三は昌三の次子なり。昌三の晩年仕を辭してに歸り、明暦三年を以て歿するや、永三加賀に來りて侍講となり、父の業を紹ぎて家聲を墜さず。初め前田綱紀木下順庵登庸せんとせし時、順庵之を辭して曰く、余は尺五先生の門人なり。今先生の次子永三の在るあり、請ふ先づ之を聘せよと。綱紀その義に感じ、終に之を招くといふ。