石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第三編

第三章 學事宗教

第二節 漢學(上)

又國卿横山隆達あり。器識朗高、詩賦尤も老蒼なり。春花秋月常に詞人墨客をその乾々樓上に會して、唐明の二調に私淑し、而して隆達自ら之が牛耳を執りその間に翺翔す。由美希賢横山政禮不破浚明中西尚賢乾祐直等筆を載せて相盍簪し、實に詩壇の登龍門なりき。隆達歿して後詩盟を繼ぎしものに澁谷潜藏林翼等の二三子ありて、晩唐の枯痩と宋清の新工とを努めしが、此の間に處して獨り俗流に阿らず、盛唐の佳詞を標準とせるものは富田景周なりき。