石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第三編

第三章 學事宗教

第二節 漢學(上)

同時に國老本多政敏あり。詞藻の富逸なること、他に多くその比を見ず。努めて清素新尖の文字を用ひて奇工妙趣を構ふ。文政前後、加賀藩詩人が、宋元の格調に走るの先驅をなせるものは實に政敏にして、當時にありては取舍の議なきにあらざりしといへども、今日より之を觀れば彼が先見の明實に賞するに餘ありといふべし。寶暦の頃に至り深山安良あり。その作る所莊典を尚ばず、力めて贍麗豐蔚、朱明の格調を襲蹈す。一時藝苑の士翕然として之に靡き、加賀藩詩風爲に再變せり。