石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第三編

第三章 學事宗教

第一節 學校

終に大聖寺藩學制一斑を記さんに、このに於いては天保四年藩侯前田利平が、その臣江守長順竹内世絅等をして經書書院に講ぜしめ、諸士及び子弟に是を聽かしめ、號して學問所といへるを以て、學政の事ありし始とす。次いで前田利義の時、安政二年春大聖寺八間道なる前田造酒の舊邸を修造して學舍に當つ。時習館といひしもの是なり。